読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セキュリティコンサルタントの日誌から

セキュリティに関するエッセイなど

ShmooConに参加してきた!!

2017/01/18 一部記事を追加しました。

ShmooConというカンファレンスにいってきました!!

ShmooConはもともとあまり日本であまり有名なカンファレンスではありませんでしたが、以下の記事を見て比較的評判がよいと知り参加した経緯があります。

www.concise-courses.com

今回受けた中で比較的面白かったThreat Intelligence関連の話について、報告したいと思います。

Leveraging Threat Intel Disinformation Campaigns

一つ目は、Cyber Attributionに対抗するCyber Disinformation技術に関する話です。

スピーカーは、Synack社のCTOであるMark Kuhr氏です。彼は、NSAの勤務経験もあり、Threat Intelligenceの専門家です。その中で彼はCyber Attributionに関する難しさについて議論していました。

以下講演内容メモをまとめましたのでご参照ください。

www.scientia-security.org

Does a BEAR Leak in the Woods?

もうひとつの講演が、ThreatConnect社のResearch DirectorToni Gidwani女史の講演です。ThreatConnectのプラットフォームを使ってDemocratic National Committeeに対するFancy Bear(APT28)・Cozy Bear(APT29)のAttribution分析について話をしていました。

非常に面白い分析なので、Threat Intelligence関連に興味がある人は閲覧をお勧めします。(ただ、一番の驚きなのは対して自分とは年齢が離れていないだろうこの人がこれだけのプレゼンテーションをでき、Research Directorとして活躍していることだという事実...)

www.youtube.com

まとめ

全体を通じて見ると比較的アカデミックなカンファレンスを目指している傾向にあると思われますが、全体を通じて理論的な発表が多かった印象です。そのため、明日からすぐに使える話は比較的少なかったように見受けられ、前評判に影響されていたこともあり、個人的には少し期待はずれでした。